×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コミケ74まで旅行レポ


コミケ74に向けて広島から、京都⇒大阪⇒東京と旅行に行ったのでそのレポです。

なぜ広島から出発のくせに京都⇒大阪の順番で行ったかと言うと…。

自分が馬鹿で、京都の方が近いとか思ってたからです。

でも、「何で京都から行ったの?」って聞かれる度に

「大阪の方が宿が安いからです!!」とそれっぽい解答でこれからも誤魔化していきます。

 

とりあえず、一日目「京都編」

京都編とか書くとるろ剣っぽいですよね。でも、別に誰も死にません。

とりあえず、青春18切符を利用しての旅行なので始発電車に乗る。

電車が出るギリギリでお腹が痛くなって泣きたくなった。

途中、L吉と合流。旅は道連れです。

全然関係ないですが、学校の近くにある焼肉屋「みちづれ」が怖くて入れません。

何で看板赤いんですか、怖すぎです。

12時ごろ大阪に到着!!5〜6時間かかった。

そのままスルーして京都へ。

*この時点でまだ自分は京都の方が地理的に近いと思っています。

京都駅、凄い綺麗で広かった。広島駅?なにそれ比べて考えるのもおこがましい。

そのまま駅を出たら清水寺行きのバスがあったので乗車。

清水寺近くの駅で降りる。

坂道を上がったら清水寺と書いてあったので坂をのぼるとそこは…お墓でした。

何この展開ファンシー、ジブリみたい。道を間違えていましたL吉に怒られた。

それでもなんとか無事到着!!

何枚か写真を撮ったので適当に貼ってきます。

そういえば、「胎内めぐり」というのも体験した。

大まかに覚えてるのは、真っ暗い中で縄を頼りに石があるとこまで行く。

後はその石に願いを。だったかな?

とりあえず凄い暗い何にも見えない。思ったより道も長くて少し不安になった…。

入り口、こっから先は入場料がかかりますよ。

清水の舞台 満願の日に飛び降り、死なないと願いがかなうという迷信?のような考えがあったらしい。

        ちなみに生存率は80%以上です。みんなしないように。

良くテレビとかで紹介される時の清水の舞台のアングルはこっちだよね。

縁結びの場所もあったので男2人で泣きながら入ってみる。

周りカップル率が増えた。そして、男同士がほとんどいない…もうやだ。

上の写真は何か凄いカッコイイ像が置いてあったからついでに撮った。

この人と兎の謎は深まるばかり。

向坂環は俺の嫁!!」と書かれた絵馬が置いてあった。

L吉が対抗して俺も描くと言い出す。絵馬確か1000円くらいするんだけど…。

それで、描かれたのが上。突っ込みどころが多すぎる。

とりあえずLと俺、男同士でアイアイ傘になってるのか旅行時のテンションには気をつけようと思える作品。

一応、カップルを祝福しているのか煽ってるのか。それは描いた本人にしか分からない。

最後に音羽の滝へ

滝に向かって左が学問成就の水、真ん中が恋愛成就の水、右が延命長寿の水。どれかひとつだけ選んで、一口だけお飲みください。

一口だけだったのか…普通にたくさん飲んでたよ俺。

しかも、左が学問か。左飲んだ気がするけど狙ってたのと効能が違う…どんまい。

清水寺帰り道、行きに間違って変な方向から行ったので帰りは正しい?道で。

途中で暑かったからカキ氷を食べたけどおいしかった。きな粉とかで和風味だった。

他にも漬物の店とか七味の店とか扇子とか。木刀も当然売ってあったよ。

 

次の目的地二条城へ!!

休城日でしたーーーーーー調べが足りなかった。

悔しいから門だけ撮って帰った。L吉よごめん。

他に行くとこを真面目に考えてなかったので行き場がなくなる。

少し前にうじゅが流行ったこともあって映画村の場所は冗談半分で調べていたので映画村へ。

着いた!!閉館時間は5時。ですよねー!!入れませんでした。

もう、疲れたって事で宿を探しに大阪まで戻る。

*まだ京都の方が広島から近いと思っています。

これで京都編終了。

正直清水寺しか行ってないです。絶対また行ってやる京都。

大阪編へ